現代川柳 新思潮 No.149
主な内容
幾山河 ー本号正会員作品よりー (細川不凍)
扉の言葉 ー鑑賞についてー (古俣麻子)
正会員作品 新思潮
作品の淵にて(松田ていこ)
随筆「旅日記」(みとせりつ子)
エッセイ「コラボレーションの多様性」(新井笑葉)
雑詠 青絃集(岡田俊介選)
小樽研修句会報 平成29年10月14日
「三つの読後感ー前号よりー」(伊藤寿子・山崎夫美子・古谷恭一)
句集紹介 宮一能句集「ふるさとは雪もよい」(岡田俊介)
       編集・平井美智子「時実新子の川柳と慟哭」(岡田俊介)


新思潮ダイジェスト149-①
新思潮ダイジェスト149-②




News!とエッセイ
2018年4月15日 昨年の小樽研修句会の模様をほんの一部ですがご紹介します。こちらからどうぞ。→
2018年3月22日 先日の天気予報で「明日は春空が広がるでしょう。」と言っていました。春空?夏空や秋空、冬空はよく聞きますが、春空はあまり聞いたことがなく新鮮でした。きっとやさしい青が広がる空で、風も空気も淡いピンクのイメージ。例年より早い桜便りに桜餅が食べたい気分になりました。149-①のアップです。こちらからどうぞ 。→
4 0 4 1 8

PAGE TOP