現代川柳 新思潮 No.144
主な内容
幾山河 ー本号正会員作品よりー (細川不凍)
扉の言葉 -ふたひらの雪ー (細川不凍)
正会員作品 新思潮
作品の淵にて(伊藤寿子)
追悼・矢本大雪 「降りしきる雪の声」(岩崎眞里子)
矢本大雪作品「朱欒の黄」岡田俊介選出
追悼・矢本大雪「雪の色彩」(岡田俊介)
雑詠 青絃集(岡田俊介選)
壱岐吟行作品 H28.11.6
「秋の壱岐 吟行記」(西田雅子)
新思潮・壱岐研修句会 H28.11.5
「三つの読後感ー前号よりー」(みとせりつ子・古俣麻子・吉田州花)
随筆 「さくらさくら」(澤野優美子)  

新思潮 No.144ダイジェスト①
新思潮 No.144ダイジェスト②











News!とエッセイ
2017年 5月27日 昨年11月の壱岐研修句会の模様をピックアップしてお届けします。まずは第1弾。144-②のアップです。こちらからどうぞ→
2017年 5月20日 薫風、まさに風薫る5月。ほんと気持ちいいですね。気温は真夏日並みですが、空気は5月 。深呼吸して5月を思いっきり吸い込みました。さて、今号144号はボリュームたっぷり。 なぜって、昨年秋の壱岐研修句会の模様に壱岐の吟行作品等々、盛りだくさん。なのでど んどんアップしますね。まずは144-①こちらからどうぞ→
2017年 4月18日 春が来た!やっと来た。家々の窓からはヴィヴァルディの「四季・春」が流れ(ウソです)、何かが生まれ、何かが始まる春。新入生や新社会人だけでなく、大人女子にも春が来る。何かが生まれ、何かが始まるはず。始まってほしい!さてさて、新思潮の春、何かが生まれたか、始まったか…。143-② こちらからどうぞ→
2017年 3月21日 桜前線は南からゆっくりと、と思っていたら、いきなり東京で「開花宣言」。昨日はぽかぽか陽気で、今日は一転冷たい雨となった東京。全国で一番乗りの開花宣言だとか。冷たい中、桜は健気です。私も昨日までのコートを脱いで、軽やかにカーディガンを、といきたいところですが、やはり寒い!とりあえず新思潮ダイジェスト3月号の開花宣言です!こちらからどうぞ→
2017年 2月21日 いつも忙しいアナタ(私)。そんなときほど1冊の本に、1枚の絵に、1輪の花に素敵!きれい!と思える心の余裕をもっていたいものです。1句の川柳に心動かされるかどうか…142-②のアップです。こちらからどうぞ→
3 0 9 3 5

PAGE TOP