新思潮No.125 2014年3月号②
- 神戸北野吟行(2013年11月24日) ー
 11月24日は、神戸北野での吟行が行われた。参加者17名。秋も深まってはいたが、良いお天気で歩くと暑いくらいの吟行日和だった。

小春日の白き祈りの飛行機雲 月野しずく
もみじひとひら虚空へ解いてゆくあした 元永宣子

 異人館では、「風見鶏の館」を見て、元気のある人は、オランダ坂を登り「うろこの家」へ。そこでは、2メートル以上のサンタクロースの人形が現れ、クリスマスモードになりつつあった。異人館界隈は、どこも阪神淡路大震災の復旧に苦労されたようだ。

うろこの家の鱗を盗む詩人たち 海地 大破
時はさび色嘗てを語るシャンデリア みとせりつ子
ドラゴンの橇は走らず火を吐かず 古谷 恭一
銃口にねむるさむいさむい手足 八上 桐子
 
不死想う 三角屋根の風見鶏 山内  洋
はにかんだ笑顔は遠くおらんだ坂 姫乃 彩愛
異人館 遠来の客用と決め 前川 和朗
さびしい絵見た人たちの囲む幻火 岡田 俊介

 昼食は、北野ではお洒落で有名なレストランでフランス料理を堪能した。その後も、北野をまわり、カトリック神戸中央教会では、美しいステンドグラスの聖堂で、集合写真を撮り思い出を作った。

ジオラマに光あまねし聖家族 杉山 夕祈
静謐を敷き詰めている午後のモスク 西田 雅子
らせん階段踏みしめていく祈り 和田洋子
燈されぬ燭台に積む銀の刻 山崎夫美子

 メンバーをまとめてくれた幹事の方々に感謝し、メンバーは別れを惜しみながら神戸を後にした。現在、神戸は12月の祭典ルミナリエで賑わっている。そんな、お洒落な神戸の街で、深い思い出を刻み、一期一会を宝にしたメンバー達であった。

街中を幸せにしてパン焼きたて 岩崎眞里子
KOBEにて林檎の薫りする人と 寺田 靖
〈文・彩愛 2013.12.7記〉

※柳誌No.125-3月号には1人自選3句ずつを掲載しています。
杉山夕祈さんの吟行記と合わせてご覧ください。
2014.3.27

PAGE TOP