新思潮No.137 2016年3月号より②
おくすり手帳イソップの咳をする澤野優美子
三月のパセリのようなクシャミする西田 雅子
涙は方舟(はこぶね)やがてやがての春を呼ぶ姫乃 彩愛
お薬手帳を持つのは、病人である証拠を見せているようなもので、あまり自慢できるも のではない。イソップ寓話は一見笑いに充ちているが、その裏には辛辣な風刺があって、 人間を警鐘している。そう読むと「イソップの咳」は、薬に無知な、盲信的な生き方をす る現代人を揶揄しているようにも思える。西田作品の「パセリのようなくしゃみ」とはど う云うくしゃみか。季節は三月だから、花粉症のくしゃみかと思ってしまう。パセリの葉 は縮れていて、何となくむずむず感がある。食感も不味い。だからその比喩は、感覚的に 分からないでもない。「涙は方舟」も、一滴の涙の中に、人類への救済の思いや全ての生 命への賛歌が含まれているとすれば、方舟は適切な比喩で、やがて希望へとつながる地平 の春が見えてこよう。〈古谷恭一〉
落書きの横にはいつも風と書きみとせりつ子
書いてはいけない場所に書かれた悪戯な言葉。その横に「風」を添えたのは、風評や風 説といったパワーのある言葉にレベルアップを願ってのことか。それとも風のように飛ん で行け、とのことか。川柳が川柳らしい輝きを見せるのは〝意地悪精神〟だ。〈細川不凍〉
樹の影が二つ双葉を光らせる岩崎眞里子
微笑ましい光景である。双葉は発芽したとき最初に出る葉。子葉である。樹の影は擬人 化され、あたかも父母のような慈愛に満ちた影を放っている。ちょうど、人間の父母とそ の子の構図として描いているのだ。自然に接するとき、それを人間の世に対峙させる見方 は作者ならではのものがある。〈岡田俊介〉
墓守りの齢がちぎれ雲になる高橋  蘭
齢がちぎれ雲になるという表現上の発見が愉しい句だ。老いた墓守りが、墓をバックに ただしずかに歩くだけで、ちぎれ雲が飛ぶという構図であり、墓守りのしぐさや、もつ雰 囲気さえも感じ取ることができよう。この墓守りは、読者それぞれの身近な人に喩えるこ ともできるだろう。そうするとまた別の味わいが出てくるにちがいない。〈岡田俊介〉
姓は藤名もまたふじと云ふ名妓おだ 一騎
芸者遊びには疎いが、この句から、粋で、艶やか過ぎず、地味過ぎずといった名妓が想 像できそうだ。まして、姓も〝藤〟、名も〝ふじ〟とは、藤の化身のようで、藤色が似会 いそうだと想像するだけでも愉しい。雑詠は自分を詠むことが多いが、これに限るもので はなく、川柳作品は自由であってよい。その自由を謳歌しているような作品である。〈岡田俊介〉
バラ石けん溶ける頃には来る春か福田文音
おびただしき人語かき分けむかしの珈琲西条眞紀
いつからか顔失ったまま眠り酒谷愛郷
一行を貫き通し星今宵杉山夕祈
ヒヤシンスいよいよ青き文机越智ひろ子
添え書きに染み入るドット喪のように潮田 夕
雨音青く消える 睡るための雨 岡田俊介
被告席から覗く原色の街元永宣子
マーフィの法則がある蛇の穴古谷恭一
春というボタン 階段駆けめぐる山内 洋
2016.4.10

PAGE TOP