新思潮No.142 2017年1月号より②
湧き水に母音が生まれあなたが生まれみとせりつ子
作者の住む郷土のひっそりとした山間に、母とその娘の二人だけの秘密の泉があるのか も知れない。その泉を通して紡がれるのは、母と娘の愛と悲しみの物語である。「母音が 生まれあなたが生まれ」のリフレインから生じる滑らかなリズムが、そのまま抒情小曲へ と形を変え、「湧き水」の周りをたおやかに包んでゆく。そんな夢想をこの句からもらえ るのも、秋の夜長のせいかと思う。〈細川不凍〉
雨のカフェ メランコリーを重く飲む月野しずく
秋も雨ともなれば一層もの思いに沈むことだろう。この句はお気に入りのカフェのひとと きを詠むが、その沈むもの思いを飲み干すように、珈琲を飲む様子がある。メランコリー に染められた女性を彷彿とさせ、やさしい感覚の色彩が豊かだ。〈岡田俊介〉
終着駅はさくらの一生かもしれぬ姫乃 彩愛
始発駅からいくつもの停車駅や通過駅を経て、やっと「終着駅」に至る。それまでの長 い行程を考えると「さくらの一生」はとても重い言葉だ。大勢の人間の色取りどりの人生 が、内含されているからだ。国花として、日本国民に愛好されるさくらだけに、「さくら の一生」には〝お疲れさま〟と声をかけたくなる。私的発想からの表出と思うが、日本的 情調の滲み出ている作品だ。〈細川不凍〉
春眠や棺の貌のおさまらず酒谷 愛郷
「春眠や」の句の〝おさまらず〟は静もらないの意味で捉えた。春の眠りの穏やかにあ るべき筈の〝棺の貌〟が、未だこの世の未練を残しているような貌をしている光景であろ う。その貌と春眠との落差が異色の感覚を残している。〈岡田俊介〉
樹の下で春が降るのを待っている西田 雅子
高ぶることのない、ごく限られた言葉たちによる世界が素敵だ。幾度か復唱すると、表 現全体から滲み出てくるゆったり感に誘われて、自分も樹の下で春が降るのを待ちたくな る。「春が来る」ではない。「春が降る」がいいのだ。樹の下で春が感じられるものを僅 かでもいいから待つのだ。それが〈ひとしずくから広がってゆく夜明け〉の句の様な春の 「ひとしずく」であれば最高だ。限られた言葉たち(十七音の世界)からもらう感動だ。 〈細川不凍〉
えごの花咲かせ肉界にとどまらん細川不凍
持ち替えた指から落ちる風の骨潮田 夕
ピリオドを打ち終え風は野に帰る山辺 和子
痴れ笑いせり鉄塔の大鴉古谷恭一
真空の中で泣く童子のように青野みのる
マヌカンの林立 月は出ているか中嶋ひろむ
もろもろに酢をかけておく黙らせる福田文音
追憶のそれは小さな喫茶店梅村 暦郎
読み終えて安堵の中のミルクティー越智ひろ子
春暁の皿一つあおは嘶く山内 洋
2017.2.20

PAGE TOP