新思潮No.143 2017年3月号より②
魚にも鳥にもなって行書体 古俣 麻子
点画をくずさぬ楷書体と、点画をくずした流動性に富む草書体の中間にあって、実用性 と芸術性を兼ね備えているのが行書体だ。その特性を活かす作者持ち前の明るい意思が、 「魚にも鳥にもなって」というアクセントの効いたフレーズを引き寄せたのだ。凛とした 明瞭なメタファーが読む者の心に快的にヒットする。〈細川不凍〉
訪ね来る人あり森にこだま生まれ伊藤 寿子
森にこだまが生まれ、一種の活気が生まれるのは、訪ねて来る人ゆえのことで、こころ の動きがそう感じさせるのだ。人を待つ心境を詠む作品で、森さえも活気づき、こだまが 飛び交うのだ。〈岡田俊介〉
草笛を唇に薄らぐ夕の集村(むら) 大谷晋一郎
草笛を唇に当てて、その情景に沈み込んでゆく作者像だ。草笛を鳴らせば鳴らすほど、 情景は薄らぎ、その集村が揺らいでくる。過去の村かも知れないその村を集村というとき 、家々が点在する様子さえ見えてくる。草笛から見える幻想の一つであろう。その幻想の なかに作者も沈んでいるのだ。〈岡田俊介〉
どんこ舟桃が流れて行くような山下 華子
聞きなれぬ〝どんこ舟〟を調べると、柳川の川下りの舟をいうそうで、昨秋乗ったばか りの舟だった。それにしても、どこか長閑な光景を思い起こさせる言葉だ。この舟の様子 が〝桃が流れて行くような〟というところに、ゆったりとし、のんびりした風景が広がっ ていて、春をも予感させている。〝どんこ舟〟を上手く使った作品だ。〈岡田俊介〉
息つぎをしてから誰もいない森山崎夫美子
鎮守の森に限らず、多くの森にはどこかに社や祠があって、そこが森の入り口になって いたりする。山の中腹に鳥居があって、そこまで長い石段を上ってゆくこともある。息継 ぎをするほどの道は、そんな急な石段や杣道だろう。普段は境内も人気がなく、鬱蒼とし た森の中へも、ハイキングする人以外そう分け入らない。一人で行くには勇気のいる場所 である。息せき切って森の入り口までやって来たが、人を寄せ付けない森の不気味さ、神 聖さに思わず怯んでしまったものか。〈古谷恭一〉
たれしるや喉(のんど)のおくの冬桜松田ていこ
夢見草 哀しく迫る無常観元永 宣子
路地裏の桜の生涯だとしても細川 不凍
一月中旬、近くの牧野植物園を散歩。さすがに冬枯れ状態だが、歩道沿いの林内に濃紅 色の花をいっぱい咲かせた桜の木を見つけた。名札を見ると「リュウキュウカンヒザクラ 」。別の木は、白い桜で「ジュウガツザクラ」。これらは冬桜の一種であろうと、健気に 咲く花弁を見上げたものである。桜は、人の心映えや生き様にも譬えられるが、殊に冬桜 は孤独で峻厳。不凍さんの桜は、人目に着かない場所に咲く淋しい桜だが、それだけに清 雅で高潔。武者小路実篤の「人見るもよし、人見ざるもよし、我は咲く也」の讃にも通じ よう。〈古谷恭一〉
春の話ぷりんぷるんとほほえんで月野しずく
姉の椅子置く母が残した陽溜まりにみとせりつ子
花鋏震える首は落とせまい松村 華菜
残月光 爪先白く死者日和 山内  洋
濡れ羽色の烏の羽で闇を織り吉見 恵子
地球儀をがんじがらめに蔦が巻き古谷 恭一
滅私奉公小さな星の片隅で重田 和子
潮引いて書厨の中は陽のいろに福田 文音
実南天鳥と羽ばたく時を待つ野邊富優葉
幸せの欠片を拾う銀スプーン山辺 和子
2017.4.18

PAGE TOP