新思潮No.144 2017年5月号より①
うぶすなの由緒正しき雪の消えかた吉田 州花
「うぶすな」は〝産土〟と書く。人の生れた土地のことだが、雪国に生れ育った者には 、雪の降りかた、積もりかた、そして消えかたに至るまで、例年と比較してみる習性があ る。「由緒正しき雪の消えかた」はその習性を通して得た作者独自の詩的真実といえる言 葉だが、どこか勿体ぶったような言いまわしは軽妙洒脱で面白い。一時期は「もう雪の句 は書けません」と壁に直面した作者である。それを救ったのが師と仰ぐ故杉野草兵の言葉 、「生きていればその時その時の雪があるものです。同じ日はありません」である。 州 花さんの〈雪〉をモチーフにした佳唱はつづく。〈細川不凍〉
今回の会員作品には雪に関する句や春を待ち侘びた句が多い。少なくとも一年のうち、 四か月くらいは雪との生活を余儀なくされる。北国に住む人にとって、雪や吹雪、滑る道 路、除雪など日常的な闘いだ。雪が降り積ると、除雪したあとから、あとへとキリが無い 。翌朝の玄関を開けた時の雪の嵩には、うんざりだ。出勤のための除雪。生活道路に市の 除雪車が入らないと、車も動かせない。誰かの踏んだあとを歩く。不便をあげると最限が 無い。でも猛吹雪が止んだあとの星空。朝の雪のキラキラした眩しさは一眼の清涼剤でも ある。積雪も南の庭の日射しの強いところから徐々に消えてゆく。北側の誰も踏み入れな い場所は雪の上の埃りや芥などに覆われ、四月末頃まで消えない。産まれた場所にはその 地の気候風土があり、その地ならではの法則があるのだ。作品の〈由緒正しき消え方〉に は作者の潔さも加わり長い冬を終え、消えゆく雪を座して見送る真摯な姿が見える。〈伊藤寿子〉
緋の面の唇綻びて梅が咲き大谷晋一郎
緋の面の唇の綻びから、梅が咲くとの、二つの物の衝撃効果の窺える作品だ。寒い季節 を緋の面のほほえむ様が、こころの持ち方を反映し、それが梅の開花へと連なってゆくと いう新鮮な書き方だ。何より、緋の面と梅との相関が美しい。〈岡田俊介〉
花びらの輪郭線に居て眠る潮田  夕
花びらの輪郭線は、そのまま花びらから、伸びているにちがいなく、その伸び行く先に 交わりつつ〝眠る〟姿が見えてくる。花びらとの係わりの中で眠るという至福の情景が思 われるが、花びらの儚さを思えば、どこかにさびしさを感じる句で、それこそがこの句の 主題に見えてくる。〈岡田俊介〉
番の鳩が春の苦みに混ざり来る野邊富優葉
春の苦みという意表をつく表現が新鮮だ。決して謳歌する春ではなく、苦みのある春な のだ。番の鳩がことさら春を楽しむ様子を、その春の中の異変のように捉えている。この 句に限らず、作品に流れる〝苦み〟のようなものが作品を引き締めている。〈岡田俊介〉
この世からこぼれるように鶴の舟岩崎眞里子
大寒の鏡の奥にムンクの眼 鮎貝 竹生
二頭の雪豹睦みあう銀河福田 文音
雪の幻影コーヒー豆を深く煎る 伊藤 寿子
一台のピアノに満たす昼下がり 松井 文子
雪色のワンピース買う逝く冬か 姫乃 彩愛
ひっそりと菫をともす輪をぬけて松田ていこ
立春を越えてしなやか猫の尾は吉見 恵子
池の魚に記憶の春をはじかれる岡田 俊介
一億の群れ動き出す桜前線越智ひろ子
ことさらに桜集めて泣き羅漢中嶋ひろむ
2017.5.20

PAGE TOP