新思潮No.149 2018年3月号より①
くしゃみするごとに綻ぶ梅の花 古俣 麻子
ふっと山口誓子の〈探梅や遠き昔の汽車にのり〉を想い出した。「探梅」は寒中 に綻び始めた梅を訪ね歩く意である。それと異なり、掲出句の「梅の花」は作者の 日常性と共にある近距離のものだ。人間性の綻びを感じさせる「くしゃみ」の可笑 しみを、効果的に内在させた表現がユニークで魅力的。〈細川不凍〉
斬新な表現に目を洗われる思いだ。チャーミングな「くしゃみ」の言葉には、春 を手繰り寄せるような力強さと面白さが感じられ、心豊かな女性像が浮かんでくる 。〈松田ていこ〉
カミュが来ている冬のプラタナス桂 由輝花
冬のプラタナスの枯木は寂しい存在だが、この句はカミュによりさらに屈折させ ている。ただのプラタナス並木であっても、カミュが通れば、ざわめいてくるにち がいない。作者にとってカミュの幻影は濃いものなのだろう。プラタナスの枯木に 複雑な翳を投げかけているのだ。〈岡田俊介〉
三日月へともに漕ぎだす水の向き吉田 州花
一輪の野の花のいのちをじっとみつめる深いまなざしへ、三日月は静かに光を湛 え、水は豊かなさざ波を唄う。いつも自然体の作者は愁いの影までも、こんなに軽 やかに詠う。〈松田ていこ〉
朝顔のランプが消えた二十五時鮎貝 竹生
冬の夜わたしの骨の嗤う声鮎貝 竹生
一日は二十四時間のわけだから、二十五時は生の終りを意味するのだろうか、ラ ンプの消えるその時を。しんしんと更けゆく冬の夜、己の生をみつめ続けている。〈松田ていこ〉
愁いという刺激もあってシナプス谷沢けい子
神経細胞の結合部をいうシナプスは、感情の伝達部でもあるのだろう。愁いをも 刺激と捉えたところに川柳味があり、愁いに染まってしまう神経細胞が想像される 。この人工的な神経回路に用いられる言葉により、自身の神経細胞を客観的に見る 視線が感じられる。〈岡田俊介〉
たっぷりと雪を含んだ絵筆かな松田ていこ
絵手紙の柚子に蕭々小夜時雨 月野しずく
切り分けるアップルパイと寒の月吉見恵子
北斎の江戸のその後を落葉する岡田 俊介
ふくふくと雪の吐息となる二人岩崎眞里子
影の人の音符ほしがる冬の耳細川 不凍
会いに行く冬の夜風を横抱きに松村 華菜
うす紙へ連ねる雪のうつらうつら林  勝義
てのひらの雪から放すぴんくの麒麟澤野優美子
木に寄れば木になる青い語り部たち板東弘子
領海のここに夕焼け眠らせる山崎夫美子
2018.3.22

PAGE TOP