新思潮No.152 2018年9月号より①
逝く月の音かな一生(ひとよ)の羽化はじむ杉山 夕祈
タイトルの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」はスペイン北西部の宗教都市 で、十二使徒の一人ヤコブ(スペイン名サンティアゴ)の遺骨が発見された地を発 祥とする。世界文化遺産でもある西欧最大の巡礼地だが、作者は実際にこの聖地を 訪れたのかも知れない。或いは映像や書物等を通しての追体験なのかも知れない。 何れにしても、この聖地の荘厳な耀きと清澄な雰囲気のなか、作者の敬虔な心情が 過不足なく伝わってくる全七句だ。その中でも掲出句は、気性の激しさから〝雷の 子〟と呼ばれたヤコブに寄せる作者の想いは熱く、殉教者ヤコブから聖人ヤコブへ と、まるで転生でもするかのような詩的表現は鮮烈である。深い感銘を覚える所以 だ。〈細川不凍〉
紫陽花が灯となり閻魔堂までの道山崎夫美子
 死後、人間の生前の善悪を審判・懲罰するという地獄の主神、冥界の総司である 閻魔王を祭っている閻魔堂。死後のこととは言え、いつかは審判されるであろう、 閻魔様の元へ一人で行くには何となく気が引ける。そんな時、閻魔堂までの道のり を雨に濡れた紫陽花が灯るように誘ってくれる道は、とても心強い。閻魔堂と紫陽 花が静かに呼応しているような美しい句である。〈吉見恵子〉
薄ぐもりを折れば一頭象一頭吉見 恵子
ハッキリしない空模様から、作者は地上最大の動物「象」を、力強いイメージで 描出させた。子供の頃の絵本で見た空飛ぶダンボを憶い出して、愉快になった。   〈細川不凍〉
一切は蒼樹一本夏の黙(もだ)月野しずく
この句の暑い夏に沈む樹は無風の樹であろう。夏を一手に引き受けているかのよ うに樹が立っているのだ。夏がその樹に集約されているかのようでもある。黙々と 夏を支える樹を描いて、自身の気持ちを投影した。静まりかえった樹も暑いのには ちがいないが、それでも静けさを保っているのは感動的だ。〈岡田俊介〉
水たまり覗けば顔が盗まれる 宗村 政己
ある日の驚きを詠む。何でもない水たまりに映るべきわが顔が映らないというの だ。この一瞬にどこかの別世界に顔が行ってしまったかのようだ。一瞬の異次元を 垣間見るような感覚を詠んだところが愉しい作品。事象を感覚的に捉えている。〈岡田俊介〉
わが井戸の汲みつくされし風の音 松田ていこ
此処からは平家蛍の棲む集落(むら)に大谷晋一郎
玄関のチャイム小鳥と旅人と松井 文子
クーラーと絶景集に逃げ延びる古俣 麻子
真夏の夜の夢 フロイトの副作用中嶋ひろむ
ひまわりの首の昏さに響きあう伊藤 寿子
一行はにせアカシアを香らせて吉田 州花
雨ざんざ姿見の裏を抜けてゆく 佐々木彩乃
風暑くひぐらしの一音 封書 潮田 夕
ふっと息かけるとくもる父の戯画新井 笑葉
風鈴の修羅から一つ選び出す前川 和朗
2018.9.25

PAGE TOP