新思潮No.153 2018年11月号より②
布を切るまっすぐ青い部屋になる吉田 州花
これから何らかの服を作る、その第一歩として〝布を切る〟のだ。そのときのこ ころのあり様を青い部屋に収束させたが、これから始まる自分だけの世界を想像さ せる〝青い部屋〟である。着るものを縫う前の〝布を切る〟行為が、これから始ま る針仕事の隔絶された空間を作り出すのだろう。〈岡田俊介〉
猫の足白露を踏んで来たような大谷晋一郎
その猫の足が文字どおり、白く見える露を踏んできたように、美しく濡れている のであろう。非日常から抜け出してきたような猫を想像させ、猫に神秘性をも与え るのに成功している。〈岡田俊介〉
土砂の海 ことば笹舟アメンボウ岩崎眞里子
地震の記憶を詠むものだ。このごろ日本のどこにいて も地震に遭遇するから、地震の記録は誰が書いても不思議ではない。土砂の海は、 豪雨でも起き、地震に限らないが、この海にあっては、ことばも笹舟、アメンボウ と同様に無力に見えるだろう。これらは平穏な時でないと、意味をもたないのかも しれない。〈岡田俊介〉
まなざしを針目にこめた藍こぎん 福田 文音
〝こぎん〟は、小巾、小衣と書き、青森で使われる短い丈のひとえの仕事着だそ うだ。胸や肩に白の木綿糸で幾何学模様を刺子にする。この句はその模様の部分に まなざしを篭めたというのだが、非日常のひととき、熱心に針を使う様子が目に浮 かんでくる。〈岡田俊介〉
祭壇の前に出てゆく蟻として新井 笑葉
聖地に世界中から集まる群衆の映像を見た。大教会の中で途切れることのない列 が祭壇に祈りを奉げるのも見た。偉大なる信仰の前では人間はなんと小さく従順な のだろう。画面は移り、小さな村の祭り。身を粉にして収穫した作物を祭壇に供え たら、笛や太鼓に合わせて働き者の村民たちが歌う、踊る、飲む、食べる。まもな く雪に閉ざされる前のいっときを、老若男女良く笑い、よくしゃべり、笑い声を絶 やさない。〈古俣麻子〉
先の世へいざなう蝶の羽音かな細川 不凍
金色に発光しながら蝶が飛翔する。大きく美しく羽ばたくたびに虹色の粉をまき 散らし、遠くに鳴る鈴の音のようなえも言われぬ澄んだ音が聞こえる。蠱惑的な羽 音に誘われて追いかけると、ふわり身体が浮かび、なんと空を飛ぶことができる! 両手を広げ長いスカートを翻し、不思議な蝶と戯れながら花野を越え、緑の峯を越 え、白い雲と戯れるうちに、いつしか少女に戻っている。ああ、なんと自由なのだ ろう。ふと横に飛ぶ蝶を見ると発光が弱まり羽も透けてきている。地平線に目をや ると夕陽が隠れ始めている。視線を戻せばもう蝶の姿はなく、私は目を覚ます。鬼 の攪乱が見せたつかのまのまぼろし。〈古俣麻子〉
組紐の解かれてゆく月の部屋吉田  浪
合わす掌にはじまる月蝕さとき耳西条 眞紀
耳熱しひそかに抱く地上の火杉山 夕祈
詩がひとつ病理検査に回される氈受  彰
目隠しの隙間から見る此の世かな山下 華子
前髪を切るひんやりと通り雨越智ひろ子
約束に背いて秋は斜向かい月野しずく
文学や文字喀きつくし哭くべかり梅村 暦郎
2018.12.23

PAGE TOP