速報!新思潮青森研修句会
2014年10月18日
会場  アップルパレス青森
司会  山崎夫美子
参加者 37名
〈 合評会 〉
※事前投句雑詠3句  事前互選1人5句選(内秀句1句2点)

9点句 めくらぶどうひとつぶずつのぎゃーていぎゃーてい むさし
  握手する指紋も風もなき指で 姫乃彩愛
8点句 銀紙剝ぐ いもうとの雨になる 八上桐子
  飴色に笑ってしまえばいいのよ 渡辺敏子
7点句 哀しみよ魚のかたちで眠るとき 伊藤寿子
  美しい敗北たとえばレモンジュレ 奈良一艘
  証言台に立たされているバナナの木 守田啓子
6点句 彼岸花ならばふさわしわが標 矢本大雪
  ひつじ雲ばかりでつくる終の家 渡辺敏子
5点句 踵から海月になってしまいけり 福田文音
  八月の自転車に積む火の記憶 角田古錐
  のうぜん花ほろほろほろと袋とじ 熊谷冬鼓
  アンパンの趣意書 未読のまま歯型 菊池 京
  ギリシャ神話の間を縫ってゆく眠り 岡田俊介
  朱の文字になれた日もある青インク 氈受 彰
  にぎりこぶしをひらく月光浴びてから 山崎夫美子
4点句 電線が切り取る空も詩のかたち 氈受 彰
  潮騒をポプリの壷に眠らせる 西田雅子
  かぶとむし金剛力をもって死す 矢本大雪
  いつになったらわたしに船が出るのでしょう 笹田かなえ
  混沌へいつかは戻す蝶結び 寺田 靖
3点句 そのなかで人を待ちたい風景画 寺田 靖
  睡れば死なむ言の葉崩すふた夜 三夜 西条眞紀
  弁解はしないがかなり積乱雲 守田啓子
  とんぼ二匹秋の油断をくりかえす 坂根寛哉
  水面を壊せず沈むボールペン 福井陽雪
  積みあげた石がくずれて夏終わる 福田文音
  村一つ消え繚乱の蕎麦の花 角田古錐
  さくらんぼたわわ木の間の家族葬 伊藤寿子
  曖昧なままの終止符夏の午後 熊谷冬鼓
  吊り革で揺れ続けてる般若経 角田古錐
2点句 白鳥は北へわたしはまだ此処に 斉藤綺羅
  閃光に佇む蛇を飼う少年期 山内 洋
  誕生石 涙の音の沁みてゆく 鮎貝竹生
  中心を明かさぬつもり楕円形 里村光子
  GPSで妥協の位置を確かめる まきこ
  ちょっと前進早起きをしてバスに乗る 坂根寛哉
  眠たげにオカリナの口欠けている 八上桐子
  ティーカップ ノイズの中の本音聴く 里村光子
  散骨の瞬間山は音を消す 福井陽雪
  ピリオドを落とし逆走する犀の群れ 山崎夫美子
  遠い森背負って渡る平均台 西田雅子
  群像と化す人々に月の暈 岡田俊介
  できること数えて今日の傘閉じる 熊谷冬鼓
  合わす手の帆先に無表情の雨 菊池 京
  百光する沖あれはあの人逢いたい人よ みとせりつ子
  珈琲はいつだってモカここが始まり 吉田州花
  自叙伝を閉じる リボンを靡かせて 岡田俊介
  微妙な日男が花を買いにゆく 坂根寛哉
  見上げれば足にこぼれるお月さま 岩崎眞里子
※柳誌には選者名と合評の詳細(鑑賞等)を合わせてご紹介します。
2014.10.24


PAGE TOP