速報!新思潮壱岐研修句会
2016年11月5日
会場  ステラコート大安閣
司会  山崎夫美子
参加者 33名
〈 合評会 〉
※事前投句雑詠3句  事前互選1人5句選(内秀句1句2点)

8点句 朝露の一滴 長い夢だと思う 西田雅子
  心音か夕日ごくりと呑む音か 酒谷愛郷
未使用の空と押し花眠る手帖 西田雅子
6点句  魚のいる夏を流れる線で描く 岡田俊介
指切りの指黄昏て第二章  山下華子
5点句  導火線の長さは知らず火をつける  藤本健人
  手の届く位置にあなたが居る安堵  瀬川伸幸
ぽろぽろと夢つぎこぼす欠け茶碗 松村華菜
4点句  結界の辺りに水を打っている  酒谷愛郷
手を洗う黒の抜け落ちゆく夜に 姫乃彩愛
  寄り添うて大和のこころ石蕗の花 雪竹春菜
  なぜと言う君に私は揺れている 山下華子
葉月の蒼へ消えていったという線路 太田のりこ
  舟になるフランボワーズな夜だから 西田雅子
  蝶を止まらせ 海の香のする異人坂 岡田俊介
  一瞬は永遠蟹の横あるき 酒谷愛郷
闇ゆれてあやかしと行く秋の夕暮れ 吉見恵子
3点句  いっぱいいっぱいの雨降り花が咲いている 福田文音
  石榴爆ぜて元の無垢へは戻れない 松村華菜
  転た寝の夢のはざまに薫る合歓 横山幸子
  如月の夢のかたちに抱かれる 野田伸吾
文例になくて躓く秋半ば 山崎夫美子
  老い海女も人魚になれる夏の海 竹尾久恵
八日目の冷たい蝉を抱く童女 藤本健人
  蜘蛛の糸 孤独の刑はまだ続く 松村華菜
  稲妻で区切りをつけて横になる 雪竹春菜
  哀しみを藍き氷柱の閉じ込める 野田伸吾
  海峡が吠えてカモメは朱に染まる 福井陽雪
  月を恋うチェロのひびきも夏の果て 岡田俊介
亡師の影のくっきりとある風の街 野田伸吾
息のかかってかたむいてゆく船か 八上桐子
  冬濤を聞けとのぼるの目が据わる 中野千秋
2点句 追い詰めて踏んではならぬ人の影 松永扶巳
  すでにもう雪の重さになっている 八上桐子
  秋の月スラリ脚線美を活かす 辻 嬉久子
  晩夏恋歌最後の息を吐き切って 太田のりこ
  桜貝恋を拾いに夏の海 下川詳子
  友の忌に泣いていいよとジャズが鳴る 篠崎絹代
  ハンカチに布の目耳の目今朝の秋 中野千秋
  被曝マリアの黮い眼に見射られる 松本篤世
  心乾くことのある夜は月を酌む 川上甫釦
  道連れは赤いバラより白椿 川上甫釦
  御破算にしたのに涙つきまとう 篠崎絹代
  半透明のビニール叔父の高知弁 八上桐子
  霧になりきれない不在証明書 中野千秋
  雷鳴の一ヶ所ラデッキー行進曲  辻 嬉久子
  二人の手眠る頃には夜も白む 川上甫釦
※柳誌には選者名と合評の詳細(鑑賞等)を合わせてご紹介します。
2016.11.13


PAGE TOP