速報!神戸研修句会作品
2013年11月23日
会場  Hサンルートソプラ神戸
司会  山崎夫美子
参加者 28名
〈 合評会 〉
※事前投句雑詠3句  事前互選1人5句選(内秀句1句2点)

7点句 まな板の窪み ルサンチマンの詩(うた) 古谷恭一
  コスモスの駅で戦車に乗りかえる 佐藤純一
  ふわっと立ち上がる思想らしきもの 内田万貴
  凜とひまわり 少年は変声期 山辺和子
6点句 覗いたのはその青のまだ奥の青 山下和代
  この風の先にしずかな手があって 寺田 靖
  明日までに枝葉をすべて列記せよ 清水かおり
  円空のほそき眼差し船を焼く 久保田寿界
  水や地にくちづけをする姉の既視 清水かおり
5点句 たてがみがなびかぬままに父のジオラマ 山崎夫美子
  蔓ひけば五色の迷い野葡萄(へびぶどう) 杉山夕祈
  爪立ちはひたすらタクラマカン砂漠 清水かおり
  飄々と箴言を吐く石畳 内田万貴
  喪いしものかさね着て歩みたり 平山繁夫
  水を編むいずれは辿り着けるもの 西田雅子
4点句 つかつかと秋くる砂糖醤油味醂 辻 嬉久子
  りんご剥くほどかれてゆく物語 西田雅子
  朝顔や母の鈴止むぶらんこ垂直 西条眞紀
  仮病ではない青猫を膝に抱き 古谷恭一
3点句 おたまじゃくしが笑った確かに笑った 海地大破
  雨は静かに母のページを剥いでゆく 山辺和子
  風軽く日軽き街の人となる 鮎貝竹生
  ブリキの指で千の蝶を飛ばしては 姫乃彩愛
  一昼夜晒して秋を釣り上げる 中林典子
  足許が少し狂って雲を踏む 海地大破
  細胞のひとつひとつに但し書き 山下和代
2点句 夜は澱んで予定調和をくりかえす 内田真理子
  刻が弾けてあの橋の向こうまで 中林典子
  ウツは月の暈胸中に黒い猫 山内 洋
  誤作動のベル鳴る夏のことづてか 山崎夫美子
  言い負かして面白くもなし冷奴 鮎貝竹生
  左手のピアノに秋が来てゐたり 久保田寿界
  暗闇に曳かれし蛍ほーほたる 元永宣子
  白いカーテンひらりひらりと終世紀 姫乃彩愛
  書斎にはさすらう花を飾ってこそ 岡田俊介
  春画の端を鴉が突ついている 佐藤純一
  月を基点にひらかれる窓ひとりの灯 山崎夫美子
  銀河より剥され寓話となる海星(ひとで) 杉山夕祈
  そぎおとす装飾 汗馬のポーズ 辻 嬉久子
  雲の端に母を探している小舟 岩崎眞里子
1点句 吉野なる「かくれ里」ゆく草の絮 田中未知
  ひらいた指のそこが純白なのですね 姫乃彩愛
  芒囃せばぞろぞろ出でぬ秋の餓鬼 大谷晋一郎
  秘すれば花 はなは無限の闇をもつ 平山繁夫
  秋の章きのうの風は行方不明 西田雅子
  三遊間抜けた辺りを百グラム 中林典子
  偶然に倒れた椅子を抱き起こす 海地大破
  止めどなく生まれ流れている覚悟 岩崎眞里子
  青白磁茶碗の底のつまみ湯葉 辻 嬉久子
  木洩れ日のゆらゆら約束は明日 矢澤和女
  蹄跡追ってたましい棲む森へ 寺田 靖
  秋の水ごくごく鹿の口をして 大谷晋一郎
  秋天や水包帯をそっと剥く 内田真理子
  濃い味に仕上げて冬を分かち合う 寺田 靖
※柳誌には選者名と合評の詳細(鑑賞等)を合わせてご紹介します。
2013.11.29


PAGE TOP