速報!新思潮奈良研修句会
2015年10月10日
会場  ホテルアジール奈良
司会  寺田 靖
参加者 35名
〈 合評会 〉
※事前投句雑詠3句  事前互選1人5句選(内秀句1句2点)

10点句 牛買いが来る日僕も月もひとり 久保田寿界
  きのうまで名前のあった洗面器 福田文音
8点句 しゅらあしゅら人に会うため汽車に乗る 矢本大雪
7点句  オフェリアの末裔なれば淡水魚 本多洋子
6点句 にんげんを積む全身を耳にして  重田和子
5点句  のんびりと雨に喰われている生家  八上桐子
  オルガンに鳴らぬ音増え母の日日  山辺和子
倶会一処さくらの花もわたくしも 大楠紀子
  少年兵の銃口にビー玉転がる  鶴本むねお
よいとまけこの気怠さは基督だ 山内 洋
  青い哲学男は梨を一つ買う 久保田寿界
  咲くように脈ゆっくりと雲になる 岩崎眞里子
4点句 電線の行間を逝く夏のひとひら 西田雅子
  生生流転 ひらりひらりと黒揚羽 元永宣子
  人形の息して秋の闇にいる 本多洋子
  正倉院の瑠璃の小瓶よ 大楠紀子
向き直る父ふくろうの影になり 八上桐子
  息かけて磨く海だけ見せる窓 斉藤和子
  生命線食わず嫌いのまま延びる 中林典子
  萩こぼれ夢の隣りが落ちつかぬ 秋田あかり
  実生からはじまる父の物語 重田和子
嵐の夜母はしりとりしています 和田洋子
  妹のきれいに裏返るオセロ 芳賀博子
3点句 千手観音どの指先も蝉時雨 矢本大雪
  堂暮れて眠れぬ神将白きまま 杉野まつ子
  秋霖にブルーチーズの燥ぎよう 池田みほ子
  ひなげしの化身とあるく港篇 岡田俊介
  げんげ田のげに怖ろしきひとりごと 内田真理子
  笛吹きが公園にいる急な秋 坂根寛哉
  あの夕日毀れて以来薔薇を挿す 寺田 靖
2点句 姉はときどき自分の鼻にけつまずく 笠嶋恵美子
青い芥子生き抜くための免許証 重田和子
  しりとりの「ラ」で攻めてくる砂時計 氈受 彰
  水面を転がっていた少年期 福井陽雪
  夜の奥からずぶ濡れの千羽鶴 中林典子
  追伸を書く頃ゆるむ葡萄房 山崎夫美子
  繙いた女性史からのエネルギー 池田みほ子
  あんぱんのへそ だいじょうぶだいじょうぶ 芳賀博子
  大切なもの気づかぬままに消えて秋 杉野まつ子
  目薬が溢れ正気を取り戻す 中林典子
  銀漢やもうかまだかの七十年 鮎貝竹生
  君がいるひまわり畑は球形で 山崎夫美子
  顔を彫る風 晩夏の深いところから 岡田俊介
  思い出じゃないひと日がほしい田村草 越智ひろ子
  秋深し珈琲館のエルグレコ 本多洋子
  目覚めれば僕にだけある朝の色彩 福井陽雪
  こんなだったね羊水の肌ざわり 斉藤和子
  なでしこに雨 幻となる句集  山辺和子
  ふくろうのひまなく頬をぬらしおり 辻 嬉久子
  五十九分五十九秒 秋を振る 内田真理子
  空きビンの透明感に棲むマリア 山内  洋
※柳誌には選者名と合評の詳細(鑑賞等)を合わせてご紹介します。
2015.10.17


PAGE TOP