速報!新思潮横浜研修句会
2019年5月25日
会場 ナビオス横浜
司会  山崎夫美子
参加者 36名
〈 合評会 〉
※事前投句雑詠3句  事前互選1人5句選(内秀句1句2点)

ー1人1句ずつ2点以上の句のご紹介ー
10点句 春の芽の傾斜 君に向かう列車 米山明日歌
9点句  骨格標本まだ恋ごころ秘めたまま 斉藤 和子
8点句 水玉がはじけて 港ひろがって 岡田 俊介
7点句  花いかだ風の仮説を組みなおす 西田 雅子
公園のイチョウとボクとの僅かな差 青砥 和子
乗り継いでげんげ 妹 観世音 吉田 州花
6点句  春が逝くエンドロールのかたちにて 氈受 彰
5点句 雑学を溶かし苦みの増す珈琲 古俣 麻子 
  やわらかく背骨をずらす五月闇 吉田久美子
春の坂お好きに生きていいですよ 弘津秋の子
  天空の足音を聞く島の酒 芳賀 博子
4点句  散り際の無残ひまわりにも娑婆苦 野邉富優葉
哀しみのどこを切っても蒼い水 太田のりこ
  無言劇 馬酔木は白く刺しにくる 元永 宣子
母を送り晩年急にひたと寄る 柏崎 澄子
  蒼々と翼を編んで初夏のノラ  杉山 夕祈
いちめんの菜の花春を押し開く 秋田あかり
消してゆく茶筌のさきの現より 吉見 恵子
  死への旅柱をのぼるかたつむり 吉田 健治
3点句 ある日逍遥少し質素に生きてゆく 坂根 寛哉
百歳へ犬歯一本ごしごし磨く 金子美知子
  天狗小さくあくびして鬱に入る 藤原 和美
生きたのは一日だったか 流れ星 鮎貝 竹生
  暖色のかたちで揺れる水の葬 新井 笑葉
2点句  三つ泣き四つが笑う落椿 おかの蓉子
  かかる世にふと立ちどまる犬儒主義 小川 尚克
  腐葉土に埋まり充電して目覚め 山本喜太郎
  名を呼べば浜防風は白き花 越智ひろ子
うらなりのわたくしなりをCD化 重田 和子
マグダラのマリアの白いふくらはぎ 笠嶋恵美子
  魔女願望来世の鍵に銀の鈴 佐々木彩乃
友訪えばクレオパトラと食事中 松井 文子
※柳誌には1点以上の句と合評の詳細(鑑賞等)を合わせてご紹介します。
2019.6.1


PAGE TOP